2020年1月23日木曜日

緑の都市賞 授賞式!


緑の都市賞 奨励賞を授賞しました!

2019年1125()緑の都市賞の授賞式に金崎理事長と私の2名で参加をしました。午前中に東京駅で待合せて、皇居の大嘗祭社殿の一般参賀に行きました。




そして昼食後、明治記念館へ向かいました。赤坂御所の隣に位置し、明治期初頭に建てられた赤坂仮御所の別殿で、ここで大日本帝国憲法皇室典範の草案審議の御前会議が行われた由緒ある建物で、庭も広く素敵なレストランも併設されています。







集合時間は15:0015:15~リハーサル。登壇者である理事長の席は中央に設けられており、私は随行者席で離れて座りました。随行者席の前が関係者席、後ろは報道席でたくさんのカメラが並んでいました。16:45受賞式が始まり、緑色のスーツをお召しになった眞子内親王殿下がご入場され挨拶をなさいました。続いて、国土交通副大臣、環境庁政務官の挨拶です。授賞式は緑の都市賞、みどりの環境プラン大賞、屋上・壁面緑化技術コンクール3賞で、初めに緑の都市賞の授与式でした。受賞者の名前が順番に読み上げられ、内閣総理大臣賞受賞者の『特定非営利法人北海道森林ボランティア協会』の代表者が国土交通副大臣より賞状を緑の都市賞全受賞者を代表して受取りました。全ての授与式が終わると受賞者の記念撮影でした。理事長他受賞者は眞子内親王と別室で撮影に挑まれ、その時の様子を理事長にお聞きすると、眞子内親王は受賞者の中にお知合いがおられたようで、お手をお振りになり少しプライベートな表情を見せられたとおっしゃっていました。







18:20~は曙の間での交流会、軽食とケーキ、フルーツがビュッフェ式に並べられとても華やかな会場に、眞子内親王殿下が再びご臨席されました。上位受賞者は1人約7分の時間が与えられ、内親王殿下に直接受賞の経緯を説明できるというものでした。残念ながら、奨励賞の私たちにはその時間は無く、しかし丸テーブルを1つ向こうの場所に眞子内親王殿下のお姿があり、とても近くで拝見できたのがとても思い出に残る出来事でした。また、早稲田大学 佐藤 滋先生が目田川の活動に興味を持ってくださり、今回の受賞につながったようでした。同じく受賞者の『市民協働熊谷の力」小江川地区1000本桜事業』の方々とも楽しくお話をさせていただきました。







これまで目田川の活動にご参加くださった全ての方を代表して授賞式に挑ませていただきました。貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

2019年5月27日月曜日

第16回守山ほたるパーク&ウオーク

第16回守山ほたるパーク&ウォーク(5月18日~26日)

今年の私のパーク&ウォークの楽しみ方をご紹介いたします。

5月13日~飛翔調査をしています。
①飛翔調査は散策コースを見て回る調査
②毎年定点でしている持ち場を見て回る調査
この2パターンで係を決めて調査をしています。私は②の自分の持ち場を毎日見て回る係です。調査は夜8:30~10:00の間で行います。

見に行った初日に昨年は期間中1匹しか見れなかった場所に、もうすでに1匹光る姿がみれて嬉しかったです。


5月18日パーク&ウォーク初日!昨年は「もぴかの家」でのスタッフでしたが、今年は第三駐車場のスタッフをしました。夜7:30始発の市民運動公園からのバスにもう7:00頃からお客さんが並んでいました。パンフレットで飛翔地を紹介したり、どこから来たのか話をしたり、始発のバスまで和やかに過ごしました。始発のバスのお見送り!次は守山駅発のバスが市民運動公園に着きます。降りるお客さんを誘導したり、今日の飛翔状況を案内したり。遠方からのお客さんも結構いてて、大阪、三重、愛知などから来られていました。大変興味深かったお客さんは、県内からでしたが出身は中国、しかも内モンゴルだそう。中国の南の方にはホタルは住んでいるけど、内モンゴルにはいないと教えてもらいました。日本に住んで10年以上ですが、今回初めてホタルを見るとおっしゃっていました。こんな思わぬ国際交流ができるのも、ボランティアの楽しみの一つです。

5月26日パーク&ウォーク最終日!市内でも色々なイベントが開催されています。行ってきたのは西藤小児科待合室コンサートの「水戸茂雄さんのリュートの演奏会」を聴きに行きました。リュートは中世ヨーロッパの古楽器だそう。ルネッサンス期の音楽とバロック期の音楽を聴かせてもらいました。天正遣欧少年使節団が聴いたであろう音楽などを聴かせてもらい中世ヨーロッパの世界を感じることができ、有意義な時間でした。

終わってから、パーク&ウォークのパンフレットの特典で近くの飲食店でサービスを受けました。

そして、

無料のエコバスにのり市民運動公園へ



もぴかの家などを周り楽しみました。
もちろんホタルをメインに楽しみましたよ。

そしてまたバスに乗り、次は図書館へ
カフェでジュースを買って休憩!

目田川、三津川、守善寺、土橋、飛翔地を見学して帰宅。今年はたくさんのホタルをみました。まだ飛翔調査は6月14日まで続きます。いつまで見れるのか楽しみに調査をしたいと思います。


2019年3月22日金曜日

守山市ほたるの森資料館『ホタル講座』

守山市ほたるの森資料館『ホタル講座

「ホタル」と聞くとワクワク!する私は、昨年の10月からホタル講座を受講しています。
日程は、10月から月1回で今回7回目を受講しました。

ホタルについての話をたっぷり聞き、先日第7回は幼虫の放流をしました!

守山市運動公園の隠れホタル飛翔スポットに放流してきましたよ。

放流したホタルの幼虫がもぐりこめるように埋まった石を動かします。
そして、ほうきで泥も流します。ホタルの幼虫に良い環境を整えてようやく放流!
第8回は幼虫の上陸調査です。今回放流したホタルもしばらくすると、雨の日の夜に光りながら上陸し、土の中で約50日間過し羽化するそうです。成虫になり夜空を彩るまであともう少し、多くのホタルが無事に成虫になりますように…。
ほたるの森資料館では3月31日まで「ほたるの森の博士になろう」を開催しています。是非足を運んで、クイズにも参加してくださいね!

そして、なんと今年守山市ほたるの森資料館では人工羽化に成功しました。そのホタルも今展示されています!

ついでに早咲きの桜も咲いてますよ!(撮影3月16日)











2019年1月28日月曜日

水辺探訪講座③

紅葉の鶏足寺と西野水道を訪ねる

水辺探訪講座③、晩秋の守山を2台のマイクロバスに分乗し9時過ぎに、湖北の巨木に出発しました。車中はしっかりと樹木医さんに紅葉のメカニズムの講義を聞きました。

そして、伊吹町小田(やないだ)分水に到着。
姉川の水を3っに分水する農業水利施設です。湖南は晴れていい天気でしたが、湖北は小雨のぐずついた天気でした。

小雨が降る中、高月(長浜市)のケヤキを見学。

クツワの森のイヌザクラ(木之本駅付近)


その後、樹木医さんのおすすめのういろうやでっち羊羹をお土産に買いました。



昼食はウッディーパル余呉でお弁当をいただきました。


一宮のシラカシ(長浜市木之本)

石道寺、鶏足寺で紅葉狩り。天気があまり良くなかったのですが、たくさん観光客がいてました。


最後に西野水道(高月町西野)。大雨のたびに氾濫する余呉川の水を放水するために岩を掘りぬいた水道施設です。手堀りでどうやってこのようにできたのかと…。




ヘルメットをかぶって真っ黒な道を歩くのはドキドキしました。冒険気分です。

そしてトンネルを抜けると…。

なんだかとっても素敵な景色でした。
水辺探訪講座、次年度はどんなことをしようかとこれからみんなで企画をします。
~一緒に計画から楽しむ仲間を募集中~
興味のある方は豊穣の郷事務所までご連絡ください!








緑の都市賞 授賞式!

緑の都市賞 奨励賞を授賞しました! 2019年11 月 25 日 ( 月 ) 緑の都市賞の授賞式に金崎理事長と私の 2 名で参加をしました。午前中に東京駅で待合せて、皇居の大嘗祭社殿の一般参賀に行きました。 そして昼食後、明治記念館へ向かい...