2019年1月28日月曜日

水辺探訪講座③

紅葉の鶏足寺と西野水道を訪ねる

水辺探訪講座③、晩秋の守山を2台のマイクロバスに分乗し9時過ぎに、湖北の巨木に出発しました。車中はしっかりと樹木医さんに紅葉のメカニズムの講義を聞きました。

そして、伊吹町小田(やないだ)分水に到着。
姉川の水を3っに分水する農業水利施設です。湖南は晴れていい天気でしたが、湖北は小雨のぐずついた天気でした。

小雨が降る中、高月(長浜市)のケヤキを見学。

クツワの森のイヌザクラ(木之本駅付近)


その後、樹木医さんのおすすめのういろうやでっち羊羹をお土産に買いました。



昼食はウッディーパル余呉でお弁当をいただきました。


一宮のシラカシ(長浜市木之本)

石道寺、鶏足寺で紅葉狩り。天気があまり良くなかったのですが、たくさん観光客がいてました。


最後に西野水道(高月町西野)。大雨のたびに氾濫する余呉川の水を放水するために岩を掘りぬいた水道施設です。手堀りでどうやってこのようにできたのかと…。




ヘルメットをかぶって真っ黒な道を歩くのはドキドキしました。冒険気分です。

そしてトンネルを抜けると…。

なんだかとっても素敵な景色でした。
水辺探訪講座、次年度はどんなことをしようかとこれからみんなで企画をします。
~一緒に計画から楽しむ仲間を募集中~
興味のある方は豊穣の郷事務所までご連絡ください!








2018年9月7日金曜日

水辺の楽校 夏編!

水辺の楽校(夏編)


まずは恒例、ゴミ拾いから。川の中、川岸に落ちているゴミを参加者全員で拾います。

 そして、ゴミのお話を聞きました。子どもたち真剣に聞いていました。
おまちかねの川遊び。なにがいるかな~。
みんな知ってる?この川、遊びやすく毎月清掃整備をしてるんだよ~。
ぜひぜひ毎月第三土曜日『目田川モデル河川づくりにもおこしやす~

なにか捕まえれたのかな?

捕まえた生き物の解説をしてもらいました。
これなんだろ?って思ってた魚の名前や生き物の名前がわかるのって楽しいよね~。


みんなが遊んでいる間、ボランティアのおじさん、おばさんたちは流しそうめんの準備をしてました。割った竹を長~く組んで…。❝流しそうめん雰囲気ある~。
フランクフルトも炭火でお好みの焼き具合にできますよ~

きゅうりスティック!
さー!流しそうめんの始まり~。
そうめんだけじゃない❝お楽しみ❞もどんぶらこと流れてきました。

御年80才ごえのあいさんも流しそうめんの台作りから、
そうめん流しのお手伝いも超戦力で働いてくれました。
スイカ割り!実は私子どもの頃はしたことがないのです。
流しそうめんも…。
羨ましい…。
ザ!夏休みという感じですね。

割れたスイカはみんなで美味しくいただきました。
皆さん楽しんでもらえたかな~。スタッフの私も楽しかったです。
なんと言っても、昔の子どもの知恵、遊ぶ力にいつも感心しています。
ボランティアスタッフのみなさんありがとうございました。

2018年8月6日月曜日

赤野井湾探検会






7月21日土曜日、とても暑い日で熱中症の心配もしていましたが無事に開催できました。







県の水産試験所の方の指導でブラックバスの解剖をして胃の中を見たところ、ホンモロコやザリガニが出てきました。

前半組がびわこから帰ってきて、私は後半に漁船に乗り込みました。



漁船にのって出発進行~!





ニゴロブナの放流~!



ウナギ漁の体験!びわこでもウナギが獲れるんですね。



もんどり網の漁。この中に大きな雷魚がかかってました!

大きな魚が獲れましたよ~。子どもたち触ったり持ち上げたりしていました。

シジミ汁の予定がこの暑さで前日に用意していたものが死んでしまい、急きょ『カボチャのお味噌汁』とごはん(びわこの湖魚と漬物のせ)になりました。

参加者全員で昼食!外で食べるのも美味しいし、大勢で食べるのも楽しいですね~!今回は多数の方がびわ活を見て応募をしてくれました。市外の方も来てくれてとても賑やかな赤野井湾探検会になりました!参加者のみなさん、ボランティアでお手伝いくださったみなさん、ありがとうございました。













2018年7月11日水曜日

中国湖南省からの研修受入れ

7月11日水曜日中国湖南省から行政とNGO、大学の先生が研修に来られました。守山市ほたるの森資料館で中国人留学生の会員さんが豊穣の活動紹介をしてくれました。
その後、NGO Green Hunan 活動紹介を聞きました。


湖南省で川を守る活動をされています。子供たちと水源の上流を訪ねて川の成立ちを考える環境学習を行い、最後に感想をハガキに書き市長さんに送るということをされてるそうです。昨年は市長からの返事が返ってきたとのこと。
大人向けには「川があるところには川を見守る人がいる」をスローガンに地元住人と連携をして清掃活動を行い、現在の参加ボランティアは400名。ゴミで一番多いのがビニール、次に瓶だそうです。ビニールやプラスチックの問題は世界規模で同じですね~。

お土産に湖南省の特産の陶器でできた茶筒をいただきました。

その後、目田川へ

「これが川?」と不思議そうに見てたのが面白かったです。中国の人の感覚ではこれは川ではないのかも、中国の川は大きくて規模がちがうんだと思いました。きっと…。

違う国で、川の清掃や環境教育をするという同じような活動をしていることに、とても親近感を覚えました。豊穣の郷の会員さんと研修に訪れたいな~と本気で思いました。
皆さんどうですか?
NGO Green Hunan  HPはこちら↓
http://greenhunan.org.cn/

2018年5月19日土曜日


目田川モデル河川づくり 4月5月

目田川モデル河川づくりの4月5月の活動を報告します。
4月5月かわいい仲間きてくれています。かわいい姿で草を運んだり、作業をがんばってくれています。

4月のおやつは会員さん特製チーズケーキ!みんなで和やかにいただきました。

5月は守山ほたるパーク&ウォークの初日でした。向かいの診療所の父母の会のお力をお借りして、草刈りとパーク&ウォークに向けての準備を行いました。
普段よりも大人数でにぎやかに作業を行いました。
散策路にロープを張る作業です。
次の作業日は6月16日土曜日です。
どなたでも来てください。待ってまーす!



水辺探訪講座③

紅葉の鶏足寺と西野水道を訪ねる 水辺探訪講座③、晩秋の守山を2台のマイクロバスに分乗し9時過ぎに、湖北の巨木に出発しました。車中はしっかりと樹木医さんに紅葉のメカニズムの講義を聞きました。 そして、伊吹町小田(やないだ)分水に到着。 姉川の水を 3っに分水す...